読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lxyuma BLOG

開発関係のメモ

chankoその1

ruby


chankoを試してinstallしてみる。



chankoとは

cookpadが作った、railsのgemで、本番環境上でprototypeを作れる。

 

出来る事は

  • 明示的に大元のソースとprototypeのソースを分けれる
  • 特定のuserに対してのみ、prototype環境を見せれる
  • もし、prototypeにエラーがあると、以降は、本番環境だけを見せるようになる。

 

(chanko単体で)出来ない事は

  • A/Btest系のgemによくあるような、conversion集計機能(例えば、リーンスタートアップ風にコホート分析したければ、別途その仕組みを作る必要がある。)
  • 本番とprototypeのマージ機能(普通に手動でmergeしないといけない)
  • データベースの切り分けも特にchanko側で何も準備されていない。

 

当初、思っていたより、simpleなツールで、

要するに、本当に、productソースとprototypeソースを切り分けて管理、実験するためだけのtool。

逆に、その方が融通が利いて良いかもしれない...

 

インストール

 


- Gemfile

 gem 'chanko', :git => 'git://github.com/cookpad/chanko.git'

- install

$ bundle install

$ rails generate chanko:install

 initializer  chanko_initializer.rb
         run  ln -ns ../app/units test/units from "."
      create  lib/chanko/active_if
      create  lib/chanko/active_if/active_if.rb

※test/units というシンボリックリンクの行き先はまだ存在しない。

- module ApplicationHelper
 
  include Chanko::Invoker
  include Chanko::Helper

これで終了

===============================================

# 使い方



### generator

$ be rails g chanko sample
      create  app/units/sample/sample.rb
      create  app/units/sample/views/_show.html.erb
      create  app/units/sample/spec/controllers/sample_controller_spec.rb
      create  app/units/sample/spec/models/sample_model_spec.rb
      create  app/units/sample/spec/helpers/sample_helper_spec.rb
      create  app/units/sample/stylesheets/sample.scss
      create  app/assets/stylesheets/units/sample
      create  app/units/sample/javascripts/sample.js
      create  app/assets/javascripts/units/sample
      create  app/units/sample/images/logo.png
      create  app/assets/images/units/sample


このapp/units配下のファイルを編集して、prototypeソースを作って、

既存のソースから、上記のソースを呼び出して使う。

 

次の記事で、もっと具体的な作り方を書く予定。